相続に関わる不動産名義変更

相続に伴う不動産名義変更は、戸籍謄本等の書類を揃える必要があります。相続に関わる他の手続きと併せて名義変更し、利権関係を確定しておくことをお勧めします。

それぞれの不動産名義変更

相続に関わる不動産名義変更

不動産の名義変更は、その事例によって方法が異なります。

ここでは、遺産相続について考えてみましょう。

まずは、必要書類を揃えます。

もちろん土地の登記簿謄本は、遺産相続に限らず全ての不動産名義変更の場面で取得する必要があります。

次に戸籍謄本等を揃えなくてはなりません。

亡くなった方の生涯に渡る謄本の他に、住民票除票と相続人の戸籍謄本を用意します。

これらの書類を全て個人で揃えるのが難しい場合は、司法書士などに申請の代行を依頼することをお勧めします。

相続人が複数いる場合など、個人で書類を揃えるのが難しい場合も多いものです。

また、申請書の他にも遺産分割についての書類が必要となることも多く、不慣れな人には難しいものです。

代行料の多くは数万円で賄えますから、自信のない方は代行の依頼をお勧めします。

次に費用ですが、謄本等の取得費の他に登録免許税がかかります。

こちらは固定資産評価額×0.4%です。

相続で不動産を取得する機会を得た場合、その必要を感じられないまま名義変更をせず、旧名義のまま何十年も放置されている場合も少なくありません。

相続税が五千万円+一千万円(×相続数)分が非課税となるため、多くの場合が非課税となり、急な変更が不要な場合などです。

権利関係を確定しておくことのメリットを考え、他の相続手続きと併せて名義変更をしておきましょう。

■ 関連リンク ■
在ブルネイ日本国大使館

Copyright (C) www.r-l-m.com. All Rights Reserved.

それぞれの不動産名義変更